こんにちは!

やました工務店です。

これから沖縄で2世帯住宅のリフォームを行う方に向けて記事を書きました^ ^

  1. 2世帯住宅のリフォームは親子間の話し合いが大切
  2. 2世帯住宅のリフォーム種類
  3. 2世帯住宅のリフォーム費用

3つのポイントについて紹介していきます。

2世帯住宅のリフォームは親子間の話し合いが大切

2世帯住宅では、親世帯、子世帯がともに暮らしていきます。2世帯住宅で充実して生活していくためには、どんな2世帯住宅にするか親子間でしっかりと話し合う必要があります。

「2世帯が気持ち良く暮らせる生活空間とはどういうものなのか」

2世帯住宅の理想の形をリフォームを行う前にしっかりと話し合いましょう。施工後に後悔しないように。

②あなたの2世帯住宅リフォームは完全同居型、部分共有型、それとも完全分離型

これから2世帯住宅のリフォームを行う時に、まず決めるのは、どのような2世帯住宅にするかです。

2世帯住宅の種類には、完全同居型2世帯住宅・部分共有型2世帯住宅、完全分離型2世帯住宅があります。それぞれの特徴を説明します。

完全同居型2世帯住宅とは?

完全同居型2世帯住宅は、親子世帯が住宅のほぼ全ての生活環境を共有する2世帯住宅です。トイレや浴室・洗面所・居間を2世帯で共有し、寝室などプライベート空間以外は共有するタイプです。

完全同居型2世帯住宅は、親子世帯でトイレや浴室など生活空間をともにするため、リフォーム費用を安く抑えることができるメリットがあります。一方、デメリットといえば、プライバシー環境を確保しづらいことです。

部分共有型2世帯住宅とは?

部分共有型2世帯住宅とは、トイレだけを2世帯で共有する、浴室やトイレだけを共有するなど生活空間の一部を共有する2世帯住宅のことをいいます。

リフォームの施工費用を抑えつつ2世帯がプライバシー環境をある程度確保できるため、2世帯住宅の中でもコストパフォーマンスが良いタイプの2世帯住宅です。

完全分離型2世帯住宅とは?

完全分離型の2世帯住宅は、建物の1階と2階で世帯別で生活する2世帯住宅です。このタイプの2世帯住宅は、生活する空間が2世帯で分かれているので、プライバシー環境がしっかりと確保できており、親子間でのストレスが少ないです。

高齢の親世帯のことが気になるが、生活空間は別に分けたいという親子、

予算にはある程度ゆとりがあり2世帯でお互いのライフスタイルをそれぞれで充実して送りたいというご家庭に最適なリフォームプランです。

2世帯住宅のリフォーム費用について

2世帯住宅は、2世帯分のリフォームとなるため、費用も大きくなります。

費用は、おおよそですが700万~2000万ほどかかります。

これから2世帯住宅を本格的にお考えの方は、リフォーム会社のアドバイザーに現地調査をしてもらい、プランをしっかりと話し合い、見積もりを取って、予算を把握しましよう。

そして、予算内でオーバーしそうな場合や予算をかけてでもこだわりの2世帯住宅にしたいという方は、沖縄県の金融機関ローンを利用することも必要かもしれませんね。

ローンを組む場合は、審査などお時間もかかると思いますので、年間スケジュールのゆとりのある時期に計画を進めていくことをおすすめします。

2世帯住宅の費用の大部分を親世帯にカバーしてもらえる場合は、できるだけ協力してもらいましょう。その代わり親世帯が喜ぶような2世帯住宅を実現できるようリフォームプランナーとしっかりと話し合い、理想の2世帯住宅を実現できるように動きましょう。

やました工務店よりアドバイス 

2世帯が長くともに暮らしていく2世帯住宅。

2世帯でしっかりと話し合いプランを決めましょう。

時には、リフォームアドバイザーの意見も取り入れてみましょう。

思いつかなかった2世帯住宅のプランアイデアがおもいつくきっかけになるでしょう^ ^

やました工務店について

住所

沖縄県那覇市山下町18-5

電話番号

0989963493

やました工務店取扱いメーカー

TOTO・LIXIL・panasonic・タカラ・INAX・クリナップ・3M・リリカラ・トステム・三和

エリア

那覇  /浦添/宜野湾/中城/北中城/与那原/西原/ 沖縄/うるま/北谷/糸満 / 豊見城 /南風原/南城/八重瀬/嘉手納/読谷/恩納/宜野座/名護

沖縄の幅広いエリアでリフォームを行いますので、気軽にご相談ください。

代表

上江洲博孝

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です